農地パトロール(農地利用状況調査)について


川辺町では平成21年から全国の市町村と同時に、国の指導のもと遊休農地の発生防止や、有効活用に向けた活動として、町内全域の農地パトロール(農地利用状況調査)を農業委員会が実施しております。

今年度は8月中旬~下旬頃に各地域を重点的に巡回し、調査を行うこととなりましたので、お知らせ致します。調査時には皆様の所有地に立ち入る場合が御座いますので、ご理解、ご協力をお願い致します。

農地は食料生産の場でありまた、環境保全においても非常に重要な役割を担う大切な資産です。農地は一度耕作をやめて数年経てば、原形を失うほどに荒れてしまいます。

耕作放棄は農地集積に支障をきたすだけではなく、周辺農地の病害虫発生を助長し、有害鳥獣の隠れ場所になるなど、農業振興に悪影響を及ぼします。また、ゴミの不法投棄、火災発生の原因となるなど生活環境への悪影響も考えられます。

草刈や耕起などにより耕作放棄の解消が可能な農地の所有者の方につきましては、農地法の規定に基づき、再生し利用するか、いつでも耕作可能な状態にするなど、農地の適正な管理をお願い致します。

なお、農地の貸付を希望される場合は、地元農業委員または川辺町農業委員会事務局までご相談くださるよう宜しくお願い致します。

【問い合わせ先】産業環境課・農業委員会事務局(☎0574-53-7212)