衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査について


10月22日(日)
 「衆議院議員総選挙 及び 最高裁判所裁判官国民審査 の投票日」です。

 衆議院解散に伴う衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査が10月10日公示、10月22日投開票の日程で行われます。
 大切な一票を無駄にしないよう投票にお出かけください。

1.有権者について
2.投票について
3.期日前投票について
4.点字投票・代理投票
5.不在者投票について
6.候補者・名簿届出政党等について
 

有権者

 平成11年10月23日以前に生まれた方で、平成29年7月9日から川辺町に住民登録のある方。

 

投票

 ・時間 午前7時~午後8時
 ・場所 各投票所(入場券でご確認ください。)
  上川辺投票区 鵜飼公民館(上川辺1848番地)
  中川辺投票区 川辺町中央公民館1階研修室(中川辺1518番地4)
  下川辺投票区 下川辺公民館(下川辺372番地44)
  鹿塩投票区  鹿塩公民館(鹿塩430番地)
  福島投票区  福島公民館(福島522番地4)
  比久見投票区 川辺町B&G海洋センター(比久見725番地5)
  下吉田投票区 下吉田下公民館(下吉田251番地1)
  下麻生投票区 北部公民館(下麻生140番地1)
 ※10月2日以降に役場へ住所移転(転居)の届け出をされた方は、前に住んでいた地区の投票所でないと投票できませんのでご注意ください。

 

期日前投票

 仕事などの理由で投票日に投票が出来ない見込みの方が対象となります。
 ・期間 10月11日(水) ~ 10月21日(土)
 ・時間 午前8時30分~午後8時
 ・場所 川辺町役場(中川辺1518番地4)

 

点字投票・代理投票

 目や手が不自由なため、字を書くことができない方は、投票用紙の記入を代理させることができます。
 また、目の不自由な方で、点字のできる方は点字投票が出来ます。投票所で係員に申し出てください。

 

不在者投票

(1)病院、老人ホームなどにおける不在者投票
 都道府県の選挙管理委員会が指定した病院、老人ホームなどに入院、入所中の方は、施設内で投票することができます。各施設の職員にお問い合わせください。岐阜県内の施設については、岐阜県選挙管理委員会のホームページ「6 その他 (4)施設の長が不在者投票管理者となる施設一覧(病院・老人ホーム等)」を参照してください。→岐阜県選挙管理委員会ホームページはこちら

 

(2)名簿登録地以外の市町村の選挙管理委員会における不在者投票について
 仕事などの理由で投票日及び期日前投票期間中に町内の(期日前)投票所にて投票をすることができない見込みの方は、最寄りの市町村選挙管理委員会(事前に最寄りの市町村選挙管理委員会にお尋ねください。)において不在者投票をするこができます。
 ・手続きの流れについてはこちらをご参照ください。
 ・様式 宣誓書・請求書(記載例はこちら
 ※郵便での手続きが必要となるため時間を要します。お早めに手続きをしてください。


(3)郵便投票
 身体障害者手帳又は戦傷病者手帳を持ち、あらかじめ「郵便投票証明書」を交付されている人は郵便による不在者投票をすることができます。
 投票日4日前(10月18日)までに投票用紙等の交付申請が必要となりますので「郵便投票証明書」の交付を希望される方は、お早めに町選挙管理委員会へ申し出てください。
 すでに「郵便投票証明書」をお持ちの方は再申請の必要はありませんが、有効期限を経過している場合は再申請が必要となりますのでお手持ちの「郵便投票証明書」をご確認ください。

 

候補者・名簿届出政党等

 衆議院議員総選挙候補者・名簿届出政党等の情報についてはこちら(岐阜県選挙管理委員会ホームページ)

 最高裁判所裁判官国民審査、審査対象裁判官情報についてはこちら(岐阜県選挙管理委員会ホームページ)