住民異動届の一覧

■ 住民基本台帳(住民票)
住民基本台帳(住民票)は皆さんの住所、氏名、生年月日、性別、世帯構成などを記録し、居住関係を証明するものです。
住民票がないと、住所、世帯構成の証明、学校の入学、選挙人名簿の登録、印鑑証明、国民年金、国民健康保険の資格などを得ることができません。

■ 各種届出一覧 

種  類 届け出に必要なもの 注意事項
転入届
(転入した日から14日以内に届け出をしてください。)
・前住所の市区町村が発行した転出証明書、国民年金加入者は年金手帳 1.他の市区町村や、外国から転入してきた人は、必ず届け出をしてください。
2.世帯全員が転入したときだけでなく、一部が転入したときも届け出をしてください。
転出届
(他の市区町村へ住所を移転するときは、あらかじめ届け出をしてください。)
・国民健康保険の加入者は保険証
・介護保険被保険者証(被保険者のみ)
・印鑑登録をしている人は印鑑登録証
1.川辺町外に住所を変えるとき、又は外国に移住するときは、あらかじめ、届け出をしてください。
2.世帯全員が転出したときだけでなく、一部が転出したときも届け出をしてください。
転居届
(川辺町内で住所を移転したときは、 届け出をしてください。)
・国民健康保険の加入者は保険証
・介護保険被保険者証(被保険者のみ)
1.川辺町内で住所を変えたときは届け出をしてください。
2.世帯の一部が転居したときも、届け出をしてください。
世帯変更届
(変更になった日から14日以内に届け出をしてください。)
・国民健康保険の加入者は保険証 1.住所の異動をせずに世帯内で、世帯主が変わった時は届け出をしてください。
2.住所の異動をせず、新たな世帯を設けた、別の世帯に移った、又は、別々の世帯が一つになった場合に届け出をしてください。