認可申請手続

認可申請手続


 自治会、町内会等の地縁による団体が、法人格を得るための認可の申請を行うに当たっては以下の流れによります。
なお、認可申請をすることができる団体として次の2点を満たしている必要があります。

  1. 自治会等であること
    地縁による団体は、「町又は字の区域その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」と定義されており、区域に住所を有することのみを構成員の資格とした自治会等であることが条件となります。
  2. 不動産を保有(予定)していること
    地域的な共同活動のための不動産等の権利を保有、あるいは保有を予定していることが条件となります。

 


1.地縁団体になるまでの流れ


  1. 自治会等で認可地縁団体について話し合い
  2. 役場総務課へ事前相談
    必ず総会へ提出する前に役場総務課へご相談ください。
  3. 規約(案)、保有(予定)資産目録、構成員名簿の作成
  4. 総会の開催
    総会を開催し下記の事項について議決(役員会等のみでは不可)
    ・認可申請することの議決
    ・規約の制定
    ・代表者の決定
    ・構成員の確定
    ・保有する資産の確定 など
  5. 認可申請
    申請は、下記「提出書類」を総務課に提出してください。なお、申請は代表者が行ってください。
  6. 役場総務課にて提出書類の確認
    提出書類に不備があった場合は再提出を求めることがあります。
  7. 地縁団体としての認可
    代表者に認可の通知を行います。
  8. 川辺町長が認可の告示
    このとき初めて対外的に認可地縁団体となります。
    告示される項目は次のとおりです。
    ・認可地縁団体の名称
    ・規約に定める活動目的
    ・区域
    ・事務所の所在地
    ・代表者の氏名及び住所
    ・裁判所による代表者の職務執行停止の有無並びに職務代行者の選任の有無
    ・代理人の有無
     代理人を定めていない限り代理での各申請はできません。
    ・認可年月日


2.提出書類


  1. 認可申請書
  2. 規約地縁団体規約作成例と作成上の留意事項
    総会で議決された認可要件に合致するもの
  3. 認可を申請することについて総会で議決したことを証する書類
    総会議事録(議長及び議事録署名人の署名押印のあるもの)
  4. 構成員名簿
    構成員全員の氏名、住所を記載したもの
  5. 保有資産目録保有予定資産目録
    申請時に不動産又は不動産に関する権利等を保有している場合申請時には不動産又は不動産に関する権利等を保有していないが、将来これらを保有することを予定している場合(「取得予定時期」については、認可申請年月日とできるだけ近接していることが望ましい)
  6. 活動状況報告書
    具体的な活動内容のわかる書類として、前年度の事業報告書と決算書および当該年度の事業計画書と予算書
  7. 代表者承諾書
    申請者が代表者になることを受諾した承諾書の写しで、申請者本人の署名・押印のあるもの
  8. 代理人の有無
    各種申請等において代理人が手続をする場合、認可申請及び代表者変更の際にあらかじめ提出いただきます