川辺町汚水処理施設整備構想(案)

岐阜県では、平成26年1月30日に3省(国土交通省・農林水産省・環境省)連名による「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想の見直しについて」の通知に基づき、各種汚水処理施設の効率的な整備を進め、汚水処理施設未普及地域の早期解消を図るとともに、効率的な改築・更新及び運営管理手法を構築するため、平成29年度に岐阜県汚水処理施設整備構想(仮称)(以下、「県構想」という)を策定することとしている。

各種汚水処理施設の整備においては、市町村が担う役割が大きく、県構想の前提となる市町村の汚水処理施設整備構想の作成が求められていることから、川辺町汚水処理施設整備構想(案)を策定したもの。

川辺町汚水処理構想概要書