ここから本文

緊急事態措置に伴う飲食店への時短営業要請(対象拡大)について

お知らせ 作成者:産業環境課

 岐阜県は、1月9日に独自の「非常事態宣言」を発令し、非常事態緊急対策として酒類の提供を行う飲食店に対し営業時間の短縮等の要請を行っていましたが、1月14日に岐阜県が国の緊急事態宣言の対象地域に指定されたことに伴い、時短営業の要請対象を飲食店全般に拡大し、さらにその他業種に対する時短の働きかけも実施することとなりました。

 対象店舗の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、営業時間の短縮等の要請にご協力いただくとともに、引き続き感染防止対策をお願いいたします。

 詳しくは、県ホームページをご確認ください。

飲食店に対する時短要請の概要

酒類を提供する飲食店

対象期間:1月12日(火)~2月7日(日)
対象要件:対象期間中20時までの時短営業、かつ酒類の提供は11時~19時
協力金:全27日間、対象要件を満たした場合 1店舗あたり154万円
   (1月12日~15日:4万円/日  1月16日~2月7日:6万円/日)

飲食店(酒類を提供しているか否かを問わない)

対象期間:1月16日(土)~2月7日(日)
対象要件:対象期間中20時までの時短営業、かつ酒類の提供は11時~19時
協力金:全23日間、要件を満たした場合 1店舗あたり138万円(6万円/日)

岐阜県ホームページ

【時短要請等】
【1月12日以降】営業時間及び酒類提供時間短縮の協力要請について(飲食店)
【1月16日以降】緊急事態対策による飲食店以外の業種に対する営業時間短縮の働きかけについて

【協力金関係】
「岐阜県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第3弾)」について

お問い合わせ先

飲食店に対する要請・協力金について
要請・協力金コールセンター(岐阜県)
058-272-8192(9時から17時まで)