ここから本文

事業者向け「岐阜県酒類納入事業者支援金」について

お知らせ 作成者:産業環境課

 令和3年8月、9月に実施された「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態措置又はまん延防止等重点措置(以下、「対象措置」という。)による飲食店(食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗のうち、酒類の提供を行う店舗で、知事が認めるものをいう。以下同じ。)の酒類の提供停止を伴う時短要請等の影響を受け、県内の酒類販売事業者等を取り巻く環境は大変厳しくなっています。 この状況を踏まえて、地域経済への深刻な影響が懸念されることから、酒類販売事業者等の事業継続を下支えするため、「国の月次支援金」の給付を受けた事業者に対して岐阜県が独自に上乗せする、岐阜県酒類納入事業者支援金(月次支援金上乗せ枠)が給付されます。

  対象要件や申請方法など、詳しくは県ホームページをご覧ください。

 岐阜県ホームページ

給付対象事業者

 酒類の製造免許又は販売業免許を受けており、以下に掲げる要件を満たす中小法人等又は個人事業者等

中小法人等の要件

・県内に本店又は主たる事務所を有していること。

・資本金の額又は出資の総額が10億円未満であること。

・資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること。

個人事業者等の要件

・県内に住所を有していること。

・税務上、事業所得を得ておらず雑所得又は給与所得の収入として扱われる業務委託契約等に基づく事業活動からの収入を主たる収入として得ている個人事業者等にあっては、被雇用者又は被扶養者ではないこと。

 

給付額

 給付対象月(令和3年8月・9月)ごとに以下の1)~3)の金額を上限に売上減少額から、国の月次支援金の給付額を控除してなお生じる不足分に対して支給されます。
 ※売上減少額=令和元年又は令和2年の基準月の売上-令和3年の対象月の売上

 ・基準月とは:令和元年の8月、9月の売上と、令和2年の同月の売上を比較して金額の大きい方の年の同月が「基準月」となります
 ・対象月とは:令和3年の8月、9月が「対象月」となります

 1)令和3年8月、9月の各月の売上額が令和元年又は令和2年の同月の売上額から50%以上70%未満減少している場合
  中小法人等 :上限 20万円/月
  個人事業者等:上限 10万円/月

 2)令和3年8月、9月の各月の売上額が令和元年又は令和2年の同月の売上額から70%以上90%未満減少している場合
  中小法人等 :上限 40万円/月
  個人事業者等:上限 20万円/月

 3)令和3年8月、9月の各月の売上額が令和元年又は令和2年の同月の売上額から90%以上減少している場合
  中小法人等 :上限 60万円/月
  個人事業者等:上限 30万円/月

申請期限

 令和3年12月23日(木曜日)まで

 ※令和3年12月23日(木曜日)当日までの消印を有効とします。
  期限を過ぎた申請は受付できませんので、十分ご注意ください。

お問い合わせ先

「酒類納入事業者支援金(月次支援金上乗せ枠)」相談窓口
 電話番号:058-271-8255
 受付時間:平日9時00分から17時00分