ここから本文

水道管の凍結にご注意ください

お知らせ 作成者:上下水道課

水道管を凍結から守りましょう

気温が低くなり氷点下になると、水道管や蛇口が凍結しやすくなり、破損することがあります。「むき出し」になっている水道管、家の北側など日が当たらない場所や風当たりの強い場所は、特に注意が必要ですので、凍結防止の対策をしましょう。

凍結防止方法

●「むき出し」になっている水道管や蛇口に、保温材や古い毛布、布きれなどを巻き付け、その上からビニールテープなどを巻いて覆い、冷たい空気が当たらないようにしましょう。
※毛布や布きれは、濡れないようビニールなどで覆うことをお勧めします。

●メーターボックス内の管やメーターの凍結防止として、不用となった布や発泡スチロール片などをビニール袋に入れてメーターボックス内に敷き詰めましょう。

●空き家など長期間水道を使用していないところは、宅内止水栓を閉めておくことをお勧めします。漏水時の料金をおさえることができます。

 

水道管等が凍ってしまったら

●凍結してしまった部分をタオルや布で包み、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。
※直接熱湯をかけると、水道管や蛇口、メーターが破裂することがありますので、ご注意ください。

●蛇口を開けてもすぐに水が出ない場合がありますが、そのような場合でも、蛇口は開けたままにせず、必ず閉め、自然に溶けるのを待ってください。
※蛇口を閉めておかないと、自然に溶けたとき、水が流れっぱなしになります。

 

水道管等が破裂してしまったら

●水道メーターボックスより宅内側にある宅内止水栓(通常、メーターボックスから30㎝ほどの宅内側にある黒色または水色の丸い蓋の中にあります)を閉めて、町指定給水装置工事事業者(給水装置工事指定工事店)に修理を依頼してください。
※「給水装置工事指定工事店」については こちら へ
※宅内止水栓を閉めても水が止まらない場合は、止水栓が故障していることもありますので、上下水道課までご連絡ください。

●メーターが破損している場合は交換する必要がありますので、上下水道課までご連絡ください。

 

【問い合わせ先】上下水道課 TEL:0574-53-2621