ここから本文

「世界禁煙デー」及び「禁煙週間」のお知らせ

お知らせ 作成者:健康福祉課

 世界保健機関(WHO)は、531日を「世界禁煙デー」と定めました。また、厚生労働省においても、世界禁煙デーに始まる1週間(531日から66日)を「禁煙週間」と定めています。

 タバコには、5,300種類以上の化学物質と70種類以上の発がん物質が含まれています。
【健康への影響】
 脳卒中、心臓病、慢性的な肺疾患、糖尿病、慢性腎臓病など様々な生活習慣病を引き起こします。また、認知症のリスクを23倍高めたり、骨折のリスクを高めます。
【感染症との関係】
 肺炎球菌、インフルエンザ、結核、胃潰瘍や胃がんの原因となるピロリ菌、子宮頸がんの原因となるHPVなど様々な感染症が喫煙と深い関係があります。
【受動喫煙による健康への影響】
 肺がん、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、乳幼児突然死症候群などのリスクが高まります。受動喫煙が原因で死亡した人数は年間約15,000人(男性5千人、女性1万人)と推計されています。

◎禁煙の効果

禁煙後20

血圧や脈拍が正常化する

禁煙後12時間

血液中の一酸化炭素が正常になる

禁煙後23週間

心機能が改善する/肺機能が回復する

禁煙後19か月

咳・息切れ・疲れやすさが改善される

禁煙後1

上昇していた冠動脈疾患のリスクが半減する

禁煙後5

脳卒中のリスクが非喫煙者と同じレベルになる

禁煙後10

肺がん死亡率が喫煙者の半分になる

口腔・喉頭・食道・膵臓・膀胱・子宮頸がんになるリスクが低下する

禁煙後15

冠動脈疾患のリスクが非喫煙者と同じレベルになる

自分のために、周りの人のために、禁煙に取り組んでみませんか?

【問い合わせ先】保健センター TEL 0574-53-2515