ここから本文

風しんの抗体検査および予防接種を実施します

令和元年度 風しんの追加的対策についてのお知らせ

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性の方へ

全国的な風しんの流行を受け、感染拡大防止を目的に、今年度から公的な予防接種を受ける機会が一度もなかった世代とされる「昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性」を対象として、3年間に限り、風しんの抗体検査および予防接種を原則無料で実施することになりました。

まず風しんへの抵抗力(免疫)を確認するため、抗体検査(血液検査)を受け、抗体検査の結果十分な量の抗体がない方は、風しんの定期予防接種の対象となります。

 

<風しんとは>

 「三日ばしか」ともよばれています。感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛び散るしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治まります。まれに、高熱や脳炎になって入院することがあります。成人は高熱・発疹の長期化や関節痛など重症化の可能性があります。

 

<先天性風しん症候群とは> 

妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性心疾患・白内障・難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。

したがって、妊婦の周りの人も予防することが大切です。

 

<風しんの抗体検査および定期予防接種>

【対象者】

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

【今年度クーポン券発送者】

今年度は、「昭和47年4月2日~昭和54年4月1日の間に生まれた男性」を対象に、抗体検査や予防接種の案内文書とクーポン券を5月上旬に送付しました。

※令和元年度にクーポン券が届かない昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性については、次年度以降に発送する予定です。

対象者のうち、今年度クーポン券が送付されない方でも、今年度中の接種を希望される方については、お申し込みいただければ、案内とクーポン券を発送いたしますので、保健センターまでお問い合わせください。

 

<受け方>

【実施方法

●事業所健診や特定健診

※事業所健診で実施する場合は、勤務先の企業にお問い合わせください。

※国民健康保険の方は、特定健診と一緒に受けましょう。

●全国の医療機関

【対象医療機関】

加茂管内で実施している医療機関は下記の通りです。

加茂管内対象医療機関一覧

全国の対象医療機関は厚生労働省のホームページに掲載されていますのでご覧ください。

医療機関によっては、実施する曜日や時間帯が決まっている場合や、対象となる方に制限がある場合があります。対象医療機関に予約をして受診してください。

 

詳しくは厚生労働省ホームページ「こちら」をご覧ください。

 

【持ち物】

1.クーポン券

2.風しんの抗体検査受診票

3.本人確認書類  をご持参ください。

 

【お問い合わせおよび相談先】

保健センター 電話 53-2515

相談受付時間:(平日のみ)8:30~17:15