ここから本文

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の交付について

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付について

 

【対象者】
①川辺町発行の接種券を利用して予防接種を受けた方で、海外で証明書を利用される方(海外用)               
②川辺町発行の接種券を利用して予防接種を受けた方で、国内で証明書を利用される方(国内用)           以下の方は証明書発行の対象外です。                                      ・接種を受けてない方
・予防接種法の対象外となる方
 (在外日本人一時帰国者、米軍接種を受けた在日米軍従事者、ワクチンの輸入等で接種した方、国内治験参加者)

 

【申請方法】
・窓口による申請 場所:川辺町保健センター
・郵送による申請 住所:509-0393 岐阜県加茂郡川辺町中川辺1518-4 川辺町保健センター

 

【申請に必要なもの】
接種証明書交付申請書


・海外で使用される場合:旅券(パスポート)
・接種済証(接種後に接種券の右側の部分に、接種記録のシールが貼られたもの)又は接種記録書
・本人確認書類の写し  *郵送の場合は、返送先住所の記載されたものが必要です。
(運転免許証、健康保険証等、住所の記載があれば旅券でも可)
・返信用封筒  *郵送による申請の場合に必要です。宛名と切手の貼付をお願いします。

 

【代理人が申請する場合】
代理人が申請される場合は、上記の「申請に必要なもの」に加えて、以下の書類が必要となります。

委任状  *同一世帯の方でも必要です。
・代理人の本人確認書類の写し

 

【証明書に旧姓・別名や通称名(以下「別名等」という。)の併記を求める場合】
上記「申請に必要なもの」に加えて、以下の書類が必要です。
・別名等が確認できる書類
(例:ローマ字氏名であれば旅券、漢字氏名であれば、別名等の併記された個人番号カード、運転免許証、住民票の写し、旧姓が確認できる戸籍など)の提示を求める(別名等が元々ローマ字表記であり、申請時に手負提示された旅券のみで記載事項確認できる場合は当該旅券での確認のみで可とする)

 

【1回目接種後に転出、転入した場合】
接種証明書は、接種当時に住民票が所在した市町村に申請する必要があります。1回目と2回目の間に転居 しており、いずれか一方のみが川辺町での接種である場合は、もう一方の接種に係る接種証明書の申請を当 該住所地の市町村に申請してください。

 

【その他】
予防接種証明書の発行は、申請していただいてから1週間から10日程度かかります。

*接種証明書発行に関することは、川辺町保健センター(☎0574-53-2515)へ問い合わせください。