ここから本文

各種健康診査

健康診査・がん検診等を受診し、健康管理に役立てましょう。

 

1.血液検査(36歳~39歳)
 36歳~39歳の方を対象に、健康管理の一環として血液検査を実施します。若いうちから、年に一度は健診を受けることを習慣にしましょう。

 

2.特定健康診査・特定保健指導(40歳~74歳)
 日頃の運動不足や食生活の乱れ等が、やがて糖尿病や脂質異常症、肥満等の生活習慣病の発症を招きます。
 病気を未然に防ぎ、生活習慣の改善を図るために、特定健康診査・特定保健指導を行います。特定健康診査・特定保健指導は、医療保険者(組合健保、 政府管掌保険、共済組合、国民健康保険等)に義務づけられています。詳しくは、加入している医療保険者におたずねください。

 

3.長寿(後期高齢者)健康診査(75歳以上)
 75歳以上の方に実施します。生活習慣病で治療中の方は、主治医とご相談の上、受診してください。

 

4.B型・C型肝炎検査
 B型・C型肝炎ウイルス検査を行うことで、B型・C型肝炎を早期に発見することができます。

 

5.各種がん検診
 公衆衛生の向上や医療技術の進歩により、日本人の平均寿命は世界で最も長くなっています。
 一方、死亡の状況からみると、がんが死因の第1位となり、死亡者のおよそ3人に1人ががんで亡くなっています。
 しかし、がんの臨床等の医学研究の結果、今ではがんも治せる病気になりつつあります。町で行われている各種がん検診を受診し、早期発見、早期治療に 努めましょう。

 

6.骨粗しょう症検診
 骨粗しょう症は、生活習慣等により、骨がスカスカになって骨折しやすくなる病気です。自覚症状がなく、骨折してそのまま寝たきりの生活になることもあるため、治療が必要となる前に予防することが大切です。
 20歳~70歳までの女性を対象に、5年に1回の骨粗しょう症検診を行います。子宮頸がん検診・乳がん検診と同時に実施しています。ぜひ、定期的に骨密度を測り、丈夫な骨づくりに役立てましょう。

 

各種健(検)診の詳細は「ごみ・健康カレンダー」をご覧ください。

 

【問い合わせ先】保健センター TEL 0574-53-2515(直通)