ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

 川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

 まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.16平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

 これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~

~from the Mayor's Desk~

 町長の机から 第236回(2021年10月号)


10回木曽三川流域自治体サミットin桑名市


 水でつながる木曽三川流域は、古くから木曽川、長良川、揖斐川の豊かできれいな水の恩恵を受けてきました。木曽三川流域の水環境は、上中流域の人々の活動に大きく依存していますが、これらの地域では高齢化や過疎化、農林業の衰退などさまざまな課題を抱えています。その水環境を将来にわたり守るため、流域の自治体が一体となって水環境保全に取り組んでいます。現在、川辺町をはじめ4県下46自治体が組織に加盟し毎年1回首長会議を開いています。今年は三重県桑名市が当番でしたが、あいにくのコロナ禍のため書面開催となり、全員が一堂に会することはできませんでした。流域治水や流域環境に関する取り組み事例として、川辺町・自治体メッセージ報告書を送りましたので以下、紹介させていただきます。 


 川辺町の7割は森林に囲まれ、町の中央を流れる飛騨川は水流が穏やかで全国屈指のボート競技場になっています。また、ボートはもちろん、毎年開催されるマリンスポーツフェスティバルではカヌーやSUP、バナナボート等、多くのマリンスポーツが楽しめます。


 皆さんにマリンスポーツを楽しんでいただくために、毎年飛騨川のゴミ清掃を行っています。これは町民有志の発案・運営により町をあげて行っているボランティア活動で、一回あたり平均300kgもの枝木やゴミが回収されます。


 飛騨川へ合流する雄鳥川では町内の小学生がカワゲラの観察会を行っています。カワゲラはきれいな川にしか生息しない水生生物で、この観察会を通じて小学生は川の現状を学習し環境に対する関心を深めています。


 豊かで美しい川を維持するために森林の整備も進めています。軽登山にぴったりの里山が多く、6つの山に登山道を整備しましたが、これも住民参加で多くの皆さんが汗を流しました。登山道整備、休憩施設設置、植樹を行い、森林に対する意識も高めています。


 このように川辺町では水環境保全のために河川清掃、森林整備等の活動を住民参加で行っており、まずは自然を身近に感じて、住みよい環境が維持できるよう努めています。


 時代とともに人は変わり、川の姿も変わりましたが、川辺町は、昔も今も川とともに生き、これからも生きていきます。


川辺町長 佐藤光宏


 

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp