ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

 川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

 まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.16平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

 これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~

~from the Mayor's Desk~

 町長の机から 第231回(2021年3月号)


比久見工場跡地のその後(企業進出)


 ここ数年来、町長の私的諮問機関で協議をすすめてきた比久見工場跡地再開発計画については、昨年の8月に土地所有者と私企業との間で用地売買契約が成立し、残念ながらプロジェクトは終結を余儀なくされました。協議に関わってくださった皆様に深謝いたしますとともに、期待を寄せてくださった町民皆様に謹んでご報告申し上げます。


 8月半ば過ぎ、すぐさま会社訪問し、先方社長様、幹部の皆様のご案内で工場見学のあと、会社概要の説明を受けました。この工場は大手自動車メーカーが生産する電気自動車のバッテリー部品をつくるもので、速やかに工場建設を進めたいとのことでした。また、いちご農園や保育園、ベトナムにも進出し当地で生産工場、レストランなど多角経営をされています。


昨年末、地元説明会が開かれ、住民皆様からは公害環境問題についての質問が多く出されました。今年に入って提出された回答書には、雨水排水・騒音・粉塵・臭気・雑草処理・産業廃棄物処理・進入路等々、細やかな対策が施されています。第1工場(約1、300坪)の工事は令和3年3月中旬開始、11月末完成予定。3~4年後に第2工場建設を予定しているとのことです。議会には、2月5日の議会行政連絡会議で概要を説明いたしました。


いま願うのは、当該企業進出によって新たな雇用が創出され、川辺町の経済・産業の発展に寄与されることです。工事の安全と速やかな進捗を期待しています。


川辺町長 佐藤光宏


計画図面

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp