ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

 川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

 まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.16平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

 これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~

~from the Mayor's Desk~

 町長の机から 第247回(2022年9月号)


下麻生ふれあいパーク開園・お礼の言葉


川辺北小学校  加藤 朱莉


「公園はなかった、下麻生には公園がありませんでした。


広いグランドはあったが、子どもが遊ぶ遊具はありませんでした。


欲しかった、みんなと自由にあそべる公園が欲しかった。


出来た、出来ました。


待ちに待った公園が、わたしたちの公園が、下麻生に公園が出来た。


鉄棒をしましょう。


築山に登りましょう。


あずま屋でみんなとおやつパーティをしましょうね。


みんなと一緒に芝生にすわってお話をしましょうか?


こんなすばらしい公園をつくって頂きありがとうございました。


役場のみなさんありがとうございました。


工事をされたみなさんありがとうございました。


実行委員会のみなさんありがとうございました。


感謝をこめてお礼の言葉とします。


ありがとうございました。」


 


 開園式でお礼の言葉を述べ終わった朱莉ちゃんの目には涙が光っていました。聞いていた私たちも思わず涙ぐんでしまいました。朱莉ちゃんにお願いして、全文を掲載させていただきました。


 旧下麻生小グランドに造成された下麻生ふれあいパークは、計画段階から下麻生ふれあいパーク管理委員会の皆さま、下麻生区民の皆さまの熱い情熱によって、令和4年7月24日(日)に開園式を迎えました。この公園を地域の皆さまのふれあいの場として、活用していただくことを願っています。私どもからも申し上げます。


「ありがとうございました。」


川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp