ここから本文

各種予防接種

 予防接種は、感染症の予防・発病の防止・症状の軽減・病気の蔓延防止のために行います。とくに、赤ちゃんは生後8か月ごろまでに病気に対する抵抗力(免疫)が自然に失われていきます。

 そのために、赤ちゃんは自分で免疫をつくる必要があります。これに役立つのが予防接種です。その他に園児や小・中学生と65歳以上の高齢者対象の予防接種があります。また、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性については、平成31年度から3年間、風しん抗体検査及び予防接種を実施しています。

※日程などの詳細は、「ごみ・健康カレンダー」をご覧ください。
※県外等で予防接種を希望される方は、保健センターにお問い合わせください。

 

【問い合わせ先】保健センター TEL 0574-53-2515(直通)