ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~



町長の机から 第204回 (2018年12月号)



 



川辺町に”ぐっさん”登場



 



 12月8日(土)の川辺町芸術劇場に、ぐっさんが登場します。本名 山口智充(やまぐちともみつ)、生年月日1969年3月14日(49歳)、大阪府四條畷市出身のエンターテイナーで、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、俳優、声優、歌手、司会者と幅広く活躍されています。身長175cm、体重84kgのがっちりした体型。「誰とでも友達になれる」と自負しており、小学生の時から喧嘩をしたことはないといいます。



 ものまねを始めたのは小学校1年生の時で、給食の時に女の子が牛乳を飲むタイミングを見計らってネタを振って吹き出すということに快感を覚えていたそうです。それ以来、クラスで警戒されるようになり「山口くんが給食の時間に笑わせるので、牛乳が飲めませんでした」などと小学校の卒業文集に書かれたほどのエピソードの持ち主です。



 また、「新撰組」(NHK大河ドラマ)の劇中、芹沢鴨がオウムに馬鹿にされるというシーンがありましたが、オウムに台詞を覚えさせる調教が撮影に間に合わず、オウムの吹き替えを依頼されたぐっさんが見事にオウムを演じきり、無事放送されたとのエピソードもあります。



 ぐっさんの魅力は、その明るく屈託のない性格、機転を利かせてすこしの話題を笑いに変える特技、笑いの後のさわやかな印象、活動的な生活スタイルなどでしょうか。中部地方のテレビ局でも番組に出演されkており、人気を博しています。



 12月8日(土)15:30開場、16:00開演、川辺町中央公民館ホール、全席指定席です。さあ、ギター片手にぐっさんが登場します。「歌と笑いのスペシャルライブ イン かわべ」ぐっさんハッピーエンターテイメントショーに、乞うご期待。



(出典:ウィキペディア)



川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp