ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏
※項目をクリックすると内容が開きます。

プロフィール
氏名 佐藤光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼
メッセージ
川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。
町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~2018年1月
町長の机から 

~from the Mayor’s Desk~
町長の机から 第194回 (2018年1月号)


懐かしの郷土「川辺町」


 SKさん 無職 70代 (可児市在住)
 5月13日付本欄「心和む 故郷からの便り」を読み、故郷を思う気持ちはみんな同じだと感じた。
 私の故郷は車で15分ほどの岐阜県川辺町だ。県内の可児市に来て46年がたち、実家を訪れる回数は減った。それでもニュースで「川辺町」という言葉を見聞きするたび、故郷に眠る両親の墓参りへ行く。新聞記事で「川辺町」という文字を見つけると二、三回は読み返す。
 本紙地方版で川辺町の歴史や文化についての研究をまとめた本が発行されたと知り、買い求めた。なじみの地名や景勝地の写真に郷愁を覚えた。私は6人きょうだいで、兄と実家の農業や養蚕を手伝ったことが懐かしくよみがえってきた。「川辺」は私の心に刻まれた大切な町の名前だ。(原文まま)

 「新聞にこんな投稿がありました。嬉しくなって、切り抜いてきました。町長さんに差し上げます。」いつも行くクリーニング店の女性店員さんからいただいた新聞の切り抜きは、私の心を温かく包み込みました。生まれ育った川辺町がSKさんの紛れもない故郷です。今は車で15分ほどの岐阜県可児市にお住まいとはいえ、故郷の名前を見るたびに、子どもの頃の記憶が蘇り、懐かしさのあまり両親の墓参りをされるというSKさんのやさしいお人柄は、尊いものだと思います。故郷「川辺町」に住んでいる我々は、故郷を離れた人々とも交流を重ね、共に故郷を思い、すばらしいまちへ発展させていきたいと思うのです。


川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙
町長への質問・ご意見はこちらへ(メール mayor@kawabe-gifu.jp)