ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~



町長の机から 第206回 (2019年2月)



 



追悼 (よろい)(づか) (はじめ) 先生



 ボート界の巨星墜つ。平成30年11月25日、鎧塚一先生が逝去されました。享年94。



ボート競技の振興とボート人口の拡大、さらに「ボートによるまちおこし」に生涯を捧げられました。



先生は早稲田大学を経て、トヨタ自動車入社。日本ボート協会、中部ボート連盟、愛知県ボート協会、全国ボート場所在市町村協議会等で役員を務められました。中部漕艇連盟(現中部ボート連盟)理事会の席上、理事長であった鎧塚先生は、「市町村では、まちおこしの為に市町村レガッタを創設する動きがある」との提議をなされ、各県漕艇協会に協力を促すと同時に、本件を中部漕艇連盟の主要な柱と位置づけられました。またボート人口拡大のため、中学生へのボート普及拡大を目指されました。



昭和63年4月、遠藤川辺町長、綿田美浜町長、高木下諏訪町長の3人を発起人として、漕艇場所在市町村協議会の骨格を協議。同年10月22日、福井県美浜町において、中部漕艇連盟傘下の中部圏9市町村長とオブザーバー本庄市の参加を得て、第1回漕艇場所在市町村協議会(現全国ボート場所在市町村協議会・ボートサミット)が開催されました。



その後、平成4年10月18日、福井県美浜町において第1回全国市町村交流レガッタ(交流レガッタ)を開催しました。川辺町では、平成3年8月10日に第4回ボートサミットを、平成8年10月13日に第5回交流レガッタを開催しております。また、このレガッタを契機に、川辺町と美浜町との交流が始まりました。直近では第31回ボートサミットが宮城県登米市において加盟32市町村で開催。第27回交流レガッタが滋賀県大津市で142クルーの参加を得て開催されています。また、川辺町では平成元年より川辺ふれあいレガッタ(現かわべ清流レガッタ)を開催し現在に至っております。この間、鎧塚先生は毎年、川辺町に来町され、レースを参観され適切なアドバイスをいただきました。



先生の柔和な笑顔と、分野を問わぬ豊富な知識、ボート競技に対する情熱と懇切丁寧なご指導が思い出されます。全国を自家用車で飛び回り、加盟市町村の発掘に努められ、全国組織へと発展させた先生のご功績とご努力に、心から感謝と敬意を捧げます。ご冥福をお祈りいたします。



川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp