ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


from the Mayor’s Desk~

町長の机から 第212回 (2019年8月号)


俚謡(りよう)

清水亮鳴 選

<特選>ダムのボートも日毎に増えて湖面賑わし弾む声  (川辺町)井戸幸子

<選者評>作者の自宅から、飛騨川を西栃井辺りで堰き止めて造った川辺ダムが眼下に広がるのではないかと想像する。空と山と野とダムの湖面が織りなす新緑の季節のコントラストは最高の眺めであろう。湖面のボートと時折やって来る高山線の列車も絵になる。

 
7月1日の岐阜新聞文芸欄を見ていて偶然みつけた、井戸幸子さんの俚謡が特選だったことが嬉しくて、ご紹介させていただきました。俚謡というのは、広辞苑によれば「民間のはやりうた、いなかびたうた」とされていますが、井戸さんにお聞きすると、創作する場合のルールがきっちりと決まっていて、俳句や短歌、狂俳などと共通する部分があるとのこと。

 
選者の評にもあるとおり、ダム湖とボート、山野や湖面の表情を詠んだ、川辺の美しさを生き生きと表現している謡だと思います。冬から春・夏へと練習にいそしむボートの数も増えて、湖面も次第に活気に満ちてきます。下麻生在住の井戸さんの家からは、飛騨川ダム湖のボートが眺められ、移りゆく自然の営みと相まって心なごむ風景になっていることでしょう。付近には、400年を超える筏流しの遺産である綱場の情景、水神祭りのまきわら船、見るものを圧倒する遠見山の絶景、高山線の列車の通過音などが想起されて、ほのぼのとした気分になります。

 川崎正会長の狂俳サークルに所属されており、現在、会員数は15人とのこと。美しい川辺の自然を愛し、故郷に住める喜びを感じながら、文芸にいそしむ方々が増えますよう願っています

川辺町長 佐藤

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp