ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~




町長の机から 第200回 (2018年7月号)




 




岐阜の方言




 NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」が高視聴率をたたき出しています。脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品で、故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしています。(NHK番組紹介より)




 北川悦吏子さんが美濃加茂市出身の売れっ子脚本家であり、舞台の半分が岐阜県とあれば、岐阜県で高視聴率なのはわかりますが、全国的な傾向であるらしいのです。その理由のひとつには、岐阜の方言があるのではないかと思います。




「やってまった」「まあ~あかん」




「やっちゃった~、やってしまった~」「もう、だめだ」という意味の言葉ですが、失敗をしたにもかかわらずどこか暖かみがあり、剽軽なイメージを持つ言葉ではないでしょうか。「書いてまった」「食べてまった」など、~してしまった、という意味での「~まった」も多用されており、岐阜県人としては嬉しい限りです。全国的にも「~まった」、という言葉がはやるのではないでしょうか。




「ありがとう」




岐阜弁を強調する意味から、ことさら「が」に強いアクセントが用いられていますが、妙に気恥ずかしい思いなのは、私だけでしょうか。メディアの普及により、「り」にアクセントを用いる言い方も岐阜地方で語られるようになっています。ついでながら、ボート用語に「ありがとう」がありますが、これはコックスが指示を出し、クルーがその指示通り動いたとき、コックスが感謝する言葉です。この場合は、「り」にアクセントを置きます。ただし、東濃地方では、「が」にアクセントを置くのが一般的なのでしょう。




川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp