ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~



町長の机から 第208回 (2019年4月号)



 



森林環境税



 「岐阜は木の国、山の国」岐阜県民の歌にうたわれています。岐阜県では平成18年5月に「全国植樹祭」、平成22年6月に「全国豊かな海づくり大会」、平成27年10月に「全国育樹祭」を開くなど、森林に対する関心が非常に高く、現に岐阜県の面積の82%は森林であり、川辺町でも約70%を森林が占めています。



 昨年は非常に災害の多い年でありましたが、平成30年7月豪雨では甚大な被害をこうむり、県内では初となる大雨特別警報が、本町も含め16市町村に発表されるなど、記録的な大雨になりました。森林には水を蓄える働きがあります。落ち葉などが土の上にたまり、それを微生物が分解しているので、土が柔らかく、小さなスポンジのように多くの水を貯留します。森林に降った雨は、ゆっくりと川に流れるので、洪水を防ぎ、川の水を一定に保つ役割があり、「緑のダム」と呼ばれています。また、木は二酸化炭素を吸収するため地球温暖化を防ぎ、しっかり張った根は土や石をつかみ、土砂くずれを防ぐ働きがあります。また、木は家や家具、紙、燃料として利用できる重要な資源です。このようなことから、豊かな森林や清らかな河川を守るため、平成24年4月から「清流の国ぎふ森林環境税」が創設され、平成34年3月まで継続することが決まっています。



 このような岐阜県の動きに対し、国でも森林環境税をつくり平成36からスタートすることとなりました。それに先だって本年4月から森林環境譲与税の制度が始まります。国の借金により市町村や都道府県に配るもので、主に間伐(材木の一部を伐採すること)、路



網(伐採した木を運び出す道)の整備、林業後継者の育成、木材利用の促進などに使われます。また平成31年から35年までの借金は平成37年度以降の森林環境税で補われることになっています。



 「清流の国ぎふ森林環境税」および「森林環境贈与税」を有効に活用して、美しい森林を作ってまいります。豊かな水と緑に恵まれた川辺町を守り、潤いのある郷土(川辺町民憲章)を作っていきたいと思います。すべての町民皆さまが誇りの持てるふるさとづくりにご協力ください。



(岐阜県の「木づかい」読本一部引用)



川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp