ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~

町長の机から 第217回 (2020年1月号)

安全祈願祭

 2019年11月に2件の安全祈願祭が執り行われ、出席いたしました。

 11月19日には、中部ケーブルネットワーク(株)川辺支局新築工事が始まるに際し行われました。CCネット12chかわべチャンネルでおなじみのケーブルテレビ川辺支局が中川辺に新築されるものです。2011年7月の地上アナログ波放送がデジタル波に切り替わるのを機に、デジタル波難視聴地域(川辺町の約20%)対策として、国・県の補助金を得て町内全域に布設されたものです。川辺の話題を日替わりで放送する地域情報番組「キャッチかわべ」や、議会情報、防災情報、行政情報など、日替わり広報誌としての役割を担っていただいております。川辺支局は川辺町・八百津町・白川町の拠点として来年4月の稼働を目指して急ピッチで工事が進んでいます。

 11月28日には、JAめぐみの川辺・上麻生統合支店建設工事に先立ち挙行されました。新支店は現在の川辺支店敷地奥の県道に面して建設されるもので、厳しい現今の経済情況に対応し新たな支店としてスタートするものです。現在の川辺支店は新支店建築後、取り壊される予定です。遊休農地の増加・担い手不足・豚コレラ対策など農業に対しては多くの課題が山積しています。「JAめぐみの」は、これら農業分野のみならず金融経済・保険・旅行・観光・物品売買など多くの分野で我々の生活を支えています。川辺町・七宗町の皆様に、今まで以上のサービスが提供され愛される支店として末永く営業していただきたいと思います。

 上記安全祈願祭は、いずれも中川辺地内で行われました。2つの建設工事で中川辺地区のみならず、川辺町の元気・活性化につながって欲しいと思います。工事の無事安全を願うものです。

川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp