ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~

町長の机から 第215回 (2019年11月号)

全国市町村交流レガッタ日田大会

 川辺町のように漕艇場を有する市町村は、全国で60を数えます。そのうち32市町村の加盟する団体が「全国ボート場・所在市町村協議会」です。これは昭和63年10月に福井県美浜町で設立された団体で、設立当初は中部圏9市町村でスタートしました。発起人は遠藤川辺町長、綿田美浜町長、高木下諏訪町長の3名であり、川辺町は設立メンバーです。ボート競技の振興と、ボートを活かしたまちづくりを主な目的としています。そして、平成4年に協議会主催のボート全国大会(全国交流レガッタ)が美浜町で開催され、以降毎年、加盟市町村で開催されています。川辺町では平成8年に第5回大会が開催されました。

 さて、去る9月28~29日に、第28回大会(全国市町村交流レガッタ)が大分県日田市で開催されました。川辺町からは、予選大会(かわべ清流レガッタ)を勝ち抜いた5クルーが出場。壮年男子の部でRow out by CTが見事全国優勝を果たしました。久しぶりの部門優勝で本当に嬉しく思います。出場クルーは以下の通りです。

 成年男子(鉄骨番長)・壮年男子(Row out by CT)・壮年女子(リバーエンジェル川辺)・熟年男子(神青会)・熟年女子(ひまわり)

 今回、国体の天皇杯にあたる男女総合優勝・皇后杯にあたる女子総合優勝はいずれも埼玉県戸田市が獲得しました。1964年の東京オリンピックボート競技会場があるボートのメッカとして有名なまちです。栄光を讃えたいと思います。

 ところで川辺町が男女総合優勝・女子総合優勝を獲得する方法はあるでしょうか。実はあるんです。それは、8部門すべてに出場することです。すなわち、成年男子の部(漕手の合計年齢が140歳未満)・成年女子の部(140歳未満)・壮年男子の部(140歳以上)・壮年女子の部(140歳以上)・熟年男子の部(200歳以上)・熟年女子の部(200歳以上)・議会議員の部・議会議員シニアの部(240歳以上)の8部門です。今回川辺町からは5部門の参加でしたが、戸田市は8部門すべてに出場しています。来年は是非8部門すべてにエントリーし、総合優勝を狙いたいものです。老いも若きも予選大会(かわべ清流レガッタ)に奮ってご参加ください。お待ちしています。

川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp