ここから本文

ようこそ町長室へ

川辺町長 佐藤光宏

プロフィール

氏名 佐藤 光宏
生年月日 昭和31年11月25日
公選職歴 平成11年9月1日・・・・川辺町議会議員
平成13年3月22日・・・辞職
平成13年5月20日・・・川辺町長
趣味 カラオケ・ゴルフ・早朝ソフトボール
キャッチフレーズ 「美しく輝く 水辺と心を育むまち」
好きな食べ物 カレーライス・かつ丼

メッセージ

川辺町は、町域の約七割を山林が占め、町の中央を南北に飛騨川が流れる山と水の町です。名づけて「水と緑のオープンスペースかわべ」。

まちづくりの核となるダム湖の右岸側周辺整備も完了し、周辺一帯の散策道や、公園などでは多くの人が余暇を楽しんでいます。また、ダム湖はボート競技に絶好の自然条件を備えており、日本中の愛好家からその名を知られています。また、41.18平方キロメートルの町域には、由緒ある神社をはじめ古代文化を今に伝える史跡が数多く残っています。

これらの史跡と各地域、そして川を有機的に結びつけて、町内外を問わず多くの人々が一日楽しく遊べるような場を提供していきたいと考えています。そして、町内のみなさんには常にゆっくりとくつろげる憩いの場を、一方町外から来た人には「もう一度行ってみたい」と思わせる場を提供し、その多くがリピーターになってくださることを願っています。

町長のコラム ~ from the Mayor’Desk ~


~from the Mayor’s Desk~



町長の机から 第199回 (2018年6月号)



 



川辺町企業レポート第六弾



天龍コンポジット株式会社



 天龍コンポジット(株)の前身、天龍工業(株)川辺工場が完成したのは、昭和38年(1963年)12月ですから今年で55年目を迎えます。平成21年(2009年)10月1日、天龍ホールディングス(株)より分社して天龍コンポジット(株)が設立されました。コンポジットとは複合素材のことです。



 資本金95百万円、売上高28億円(2016年度)、従業員139名。地元川辺町の従業員は21%の29名、川辺町を含む加茂郡従業員は35%の49名、と地元採用を意識されています。同じように、町内企業との取引も盛んで、約7,500万円にも及んでいます。地域との関わりを大切にされており、地元祭礼への協力、ボート協会、商工会、飛騨川漁協、川辺おどり花火大会への協力を積極的に行っていただいております。また、中学生職場体験も4名の生徒を受け入れました。



 天龍コンポジットの主力製品は、強化プラスチックと呼ばれるFRP製品と、独自製法による、軽量・高耐久性パイプであるFWP製品です。FRP製品で現在力を入れているのは、新幹線客室内装製品で、天井パネル、窓枠、窓側テーブル、空調吹き出し口、グリーン車や普通車の洗面所、車椅子対応トイレなども多く手がけています。変わったところでは、遊園地の観覧車やスキー場のゴンドラ、航空管制用レーダードーム、なども製造しました。



また、FWP製品では、軽さ、表面精度の高さ、耐久性の高さは群を抜いており、液晶画面、磁気テープ、写真フィルム、プリペイドカードなどの原反の巻き取り用コアや、印刷機のドラム、生産ラインの搬送ロールとして活躍しています。



 岩野潤社長率いる従業員は、「お客様第一」「一流の品質」「まず協調」を社訓として明るく、さわやかに仕事に取り組んでいます。FRP,FWPともに、これからの航空宇宙産業や、輸送産業、軽重工業をはじめ、多くの産業に広く汎用可能である点、将来の展望は明るいといえるのではないでしょうか。



川辺町長 佐藤光宏

町長への手紙

町長への質問・ご意見はこちらへ
メール:mayor@kawabe-gifu.jp